CarLife Style3ジムカーナで行けるところまで・・・!大好きなクルマ、大好きな運転、ガレージに満ちるその熱い思い。

【Style3】ジムカーナを優勝する男とクルマ編

ジムカーナで行けるところまで・・・!大好きなクルマ、大好きな運転、ガレージに満ちるその熱い思い。

クルマを楽しむことだけが、ガレージライフではない。楽しみ方は、いろいろある。
ということは… クルマを楽しむだけのガレージライフだって、もちろん、ある。
たとえば、こんなガレージ…

「趣味はモータースポーツ。念願だったジムカーナのクルマ(DC2)を手に入れると同時に、
ガレントに入居しました。 タイヤをストックしておくスペースが必要でしたから。」

Cさんは、幼い頃から“スピード狂”(?)だったそうです。

「小さい時からクルマが大好きでした。でも、自分では運転できないわけで…
なので、しかたなく(笑)、まずは3歳からスキーを始めて、小4からはアルペンスキー、
マウンテンバイクのレースにも出場していました。えぇ、スピード狂でしたから(笑)」

「スキーは、県代表としてインターハイや国体に出場、マウンテンバイクのレースでは
ジャパンシリーズに出場するようになり、全日本ジュニアカテゴリーで優勝しました。」

なにごとも、やり始めたらトコトンやる性格のCさん。
冬はスキー、夏はMTBと、一年中レースで山の中を駆け回りながら…  当然のように…

「18になるとすぐに、クルマの免許を取得しました。18年間も待ち続けたんですから(笑)
20歳の時に、友人の紹介で『ニュートンランド』というショップでチームに巡り逢い、
それからジムカーナに本格的に参戦するようになりました。21歳の時には神奈川県シリーズ
第3戦から第6戦まで4連勝し、シリーズ優勝を果たしています。」

ジムカーナには、ずっとレンタル車両で出場していたCさん。
ついに、自分だけの愛車DC2を手に入れて…  さらには、ガレントにも入居して…

「ご覧の通り、ガレージは、クルマだけのための場所と化しています(笑)
パーツ、タイヤ、工具類… クルマ関連以外のものは、まったく見あたらないでしょう?
タイヤはガレージだけでなく、ホビールームにまで置いてあります。」

私の頭のなかと一緒で、ガレージハウスもクルマだらけですよ、と笑いながら、Cさん。
まるで、住まいにガレージが付いているのではなく、ガレージに住まいが付いている(笑)

スペースに余裕があるから、クルマに限らず、いろいろな趣味を楽しむか…
スペースに余裕があるからこそ、徹底的にクルマ趣味にのめり込むか…

どちらにせよ、クルマ好きにとって、これほど贅沢で、楽しい生活があるだろうか。

ユーザー様のジムカーナに対する熱い思いはコチラのブログで!

関連記事

  1. ガレント浜田山 DEEK様の撮影風景3

    『DEEC』様の広告ム-ビー

  2. 東京モーターサイクルショーで見たガレージグッズ

  3. 畑つきエコアパート”Loco”計画決定!

    畑つきエコアパート”Loco”計画決定!