ユーザーのガレージライフの紹介
  1. Home
  2. ガレージライフの紹介 Car Life
  3. 家族は理解してくれなくても、それが道楽ってもんでしょう。
家族は理解してくれなくても、それが道楽ってもんでしょう。
Car Life
style
21
21
Car Life
家族は理解してくれなくても、それが道楽ってもんでしょう。
ライター 夢野忠則

賃貸ガレージハウス「ガレント」の取材を通じて、気づいたことがある。
どうやらガレージ空間の活かし方には「2つのパターン」があるらしい、ということ。

ひとつは、広々としたガレージを手に入れたのだから、
この際、お気に入りのものを目一杯つめ込んでしまおう、というパターン。
クルマにバイク、パーツや工具、ミニカーやら、まさにオモチャ箱のようなガレージ…。

そしてもうひとつは、せっかくのゆとりあるガレージだからこそ余計なものは置かず、
自分にとって本当に大切なもののためだけに使いたい、というパターン。
こちらはシンプルで落ち着いた、まるでミュージアムのような空間が多い…。

もちろん、どちらも夢のような、楽しいガレージライフにちがいありません。
さて、今回取材させていただいたMさんのガレージは、どちらのタイプでしょう?

大きな電動シャッターが開くと、そこに鎮座していたのは一台の純白のホンダNSX-R。
しかも生産台数わずが150台ほどの、希少な2005年の最終モデルです。

「えぇ、ガレージ内はご覧のとおりシンプルなものです。
このNSX-Rのために、このガレージを借りたようなものですから。
こいつが主役だから、それ以外の余計なものはできるだけ置きたくないんです」

とMさん。まさに、日本が誇る名車NSX-R専用のミュージアムのようです。

「NSXが大好きで、これが四台めになります。
年に何度かレースに出場するのですが、サーキットまで自走して行って、
そのままコースを走り、終わったらまた自走で帰って来られるのがNSX-Rなんですよ。」

「こいつの走行距離は、もう10万キロを超えていますが、なんの問題もありません。
NSX-R以上に欲しいと思うクルマは見当たらないし、もう手放せませんね。」

以前は、地下にある月極駐車場を二台分(もう一台は、BMW M3)借りてらしたMさん。
しかし結構な賃料がかかるし、目の届かないところに愛車を置いておくのも不安で、
自宅とは別に専用のガレージが欲しいと探し求めて、「ガレント」と出会われました。

「この物件を見た瞬間に、即決しましたよ。賃貸ガレージは他にもあるけど、
なによりもガレントは、クルマ好きの気持ちをよくわかった作りなのが嬉しいですね。」

「2階の居住スペースに髪の毛が落ちていても、たいして気にならないけど、
ガレージに髪の毛一本落ちていると、すごく気になる(笑)。
ここの主は、クルマなんですよ。だから、2階よりガレージのほうを一生懸命に掃除する。
その時間が、また楽しい。クルマ好きって、そういうもんじゃないですかね。」

ご自宅より、このガレージで過ごす時間のほうが長いとおっしゃるMさん。
NSX-Rのとなりには、ドライビングのトレーニング用(?)に「グラツー」が。

「クルマをどれだけ磨いていても、ゲームをしても、だれにも文句を言われませんからね。
家族の理解を得られないのが、オヤジの趣味(笑)。それが、道楽ってもんだと思います。」

Mさんが手放せないのは、美しく磨き込まれたNSX-Rと、もうひとつ…
自由に過ごせるガレージの時空間もまた、人生に欠かせないものとなったようです。



夢野忠則/プロフィール
クルマ馬鹿サイト「BACCARS」主宰、NPO法人ココロードプロジェクト理事。
2005年より、ほぼ毎日書き続けるブログ「夢野忠則のクルマ馬鹿で結構!」は、
楽天ブログ(クルマ・バイク部門)でアクセス数日本一を記録。

家族は理解してくれなくても、それが道楽ってもんでしょう。 1
2
3
4
5
写真
車好きのためのガレージ付賃貸アパート、こだわりの"隠れ家的趣味空間"賃貸ガレージハウス「ガレント」は(株)ガレントコーポレーションがプロデュースしました。