ユーザーのガレージライフの紹介
  1. Home
  2. ガレージライフの紹介 Car Life
  3. フェラーリの傍らでギターをつま弾く、24時間趣味空間。
フェラーリの傍らでギターをつま弾く、24時間趣味空間。
Car Life
style
2
2
Car Life
フェラーリの傍らでギターをつま弾く、24時間趣味空間。
もしも、自分だけの“隠れ家”を手に入れることができたら…
ああして、こうして…  そんな夢想のひと時を過ごしたことはありませんか?

たとえば、ちょっと旧いフェラーリを置いて、赤いツールボックスと作業テーブル、
お気に入りの自転車、大好きなギター、くつろげるソファ…
そんな夢を、ガレントでそのまま実現してしまった方がいらっしゃいます。

「ただクルマを駐めておくだけのガレージではなく、いろいろな趣味を楽しめる空間を
手に入れたかったんです。24時間、いつでも自由に楽しめる趣味の空間、ですね。」

そう語られるBさんの愛車は、いかにもコンディションが良さそうなフェラーリ308。
ガレントを選らんだ理由のひとつは、308の主治医がいるショップさんの近くだったから。
快適な“隠れ家”生活を実現するためには、まわりの環境も大切なポイントです。

「高速道路のインターも近いし、ここに移ってから308の走行距離が伸びましたね。
人間だけでなく、クルマにとっても快適な環境です。主治医も近くて、安心だし(笑)」

「週末だけでなく、平日も帰宅後はガレージにいる時間が多いですね。私にとっては、
このガレージが仕事の疲れを癒す空間にもなっています。クルマを眺めるだけではなく、
ソファに座って、もうひとつの趣味であるギターをつま弾いたり、本を読んだり…。」

ガレージと隠れ家の違いとは、なんだろうか。
ガレージの主役がクルマであるのに対して、隠れ家の主役は、人間であること…
このガレージハウスには、いつもBさんの温もりがある。 ここは、Bさんの部屋なのだ。

「自分の好きなモノだけに囲まれて暮らせたら、どんなに素敵だろう、と思いませんか?
だけど実際に生活するとなると、それはなかなか難しい。どうしても“生活臭”が出る。
だから私は、2階は生活のための空間、1階は趣味の空間と、きっちりと区別しています。
おかげで、この1階のスペースは心からリラックスできる快適な空間になりました。」

自分の好きなモノだけを運び込んで… 自分の好きなように、好きな時間を過ごす…
こうしてBさんのガレントは、隠れ家になった。
フェラーリの傍らでギターをつま弾く、24時間趣味空間。  1
2
3
4
5
写真
車好きのためのガレージ付賃貸アパート、こだわりの"隠れ家的趣味空間"賃貸ガレージハウス「ガレント」は(株)ガレントコーポレーションがプロデュースしました。